道の駅みつ名物のバーベキューサイト「うみかぜテラス」

外食部門の見通しは?

これからが正念場だ。まん延防止等重点措置や緊急事態宣言が解除されてもお客さんは急に戻ってこない。コロナが収束に向かい、行政からの助成金がなくなったときを用心しないといけない。さらに、働き手の外食離れも危惧する。コロナ禍が2年続くと「外食産業を離れて別の業界へ転職したい」との声が上がり始めている。

苦境をどう乗り切る?

今までのような大型空間を生かした大きな宴会がほぼなくなり、ニーズは小規模スタイルに移っている。この流れはコロナ後も続くだろう。そこで私どもでは、安心して集まってもらえる会食の場づくりを強化しているところ。検温や消毒、アクリル板は当然のこと、座席の間隔を1メートル以上空け、料理も個食スタイルで提供できる。ムードが少し味気ないということであれば、個食とサイドビュッフェを組み合わせることも可能。歓送迎会や披露宴、同窓会などさまざまなシーンで新しい会食スタイルを提案していきたい。

また、2年前にワンランク上質な料理のテイクアウトを始めたが、それに加えて昨年秋から「おうちディナー」「おうち割烹」と呼ぶ商品のインターネット通販(EC)サイトも開設した。店での食事提供スタイルをベースにしながら、テイクアウトとECを通じて姫路エリア以外の方々にも元気と笑顔を届けられるよう、従業員一丸となって頑張っていく。

「新しいパーティースタイルを提案し続けたい」と西脇社長

株式会社清交倶楽部
姫路市下寺町43(姫路商工会議所内)
TEL.079-281-6800

http://seiko-club.com/

 

1

2

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP