【新時代に挑戦 vol.24】飾磨海運

新時代に挑戦

「エネルギー革命は商機」姫路港の水素拠点化に意欲燃やす物流企業

 現在、播磨臨海地域で「カーボンニュートラルポート(CNP)」形成計画の策定が進められている。また、姫路港が水素の供給拠点として有力視されている。姫路港の発展とともに歩んできた総合物流会社「飾磨海運」(姫路市飾磨区細江)の水田裕一郎社長(58)にCNP計画の意義、地元企業の将来展望を聞いた。

─脱炭素の切り札として注目される水素やアンモニアを活用してカーボンニュートラルを目指す取り組みが全国57港で始まっており、姫路でも同様の動きがある。
 二酸化炭素の排出量が多い重厚長大企業が集積する播磨臨海地域の中核をなす姫路港で、オーストラリアから海上輸送する液化水素の受け入れ環境の整備が期待される。播磨の産業全体の脱炭素化を契機として、瀬戸内から関西にかけた広い地域で経済の好循環を生み出していくことが第一義。

─兵庫県と民間企業、学識経験者らによる協議会でCNP形成計画の中身を検討中。神戸港でなく姫路港で取り組む優位性は。
 姫路臨海部は瀬戸内エリアでも液化天然ガス(LNG)による発電量がナンバーワンで、姫路港でのLNG輸入量は国内第4位、西日本に限れば第1位。エネルギー需要が高く、さらに妻鹿地区には水深マイナス14メートルの航路・泊地や大型タンカーが接岸可能な桟橋も有しているので、活用できれば大きな優位性がある。計画案は今夏に「港湾脱炭素化推進計画」として取りまとまる予定だが、2050年に水素など次世代エネルギーを年間約570万トン供給できる体制を整えることが想定される。

─具体的にどのような体制が必要になるのか。
 まずは貯蔵するのに相当数のタンクが要る。タンクを設置する広大な土地を確保する必要もある。播磨臨海地域を俯瞰的に見て考えなければならない。先ごろJRが姫路市別所町の姫路貨物駅に「総合水素ステーション」を整備する方向性を明らかにしたことも二次輸送が拡大する追い風となる。
 まだまだ水素のコストがLNGより高いことも課題。水素で発電する場合、試算では6分の1までコストを下げないとビジネスとして成り立たないと聞いている。調達費やタンカーでの輸送費、タンクでの貯蔵費をいかに抑えていくか。発電工程にも新技術が求められるだろう。
 ともあれ、姫路港が全国を先導する地域として国に選定されないといけない。先導地域に選ばれることで国の予算が投入されやすくなる。地元の自民党の国会議員有志もCNP推進勉強会を立ち上げて後方支援してくれている。

─姫路港でのCNP形成は地元企業にどう影響するのか。
 単に水素をタンカーからパイプラインで陸揚げして一時貯蔵、転送するだけでは面白みがない。水素を使った発電や都市ガスの供給、新製品・新技術の研究開発や生産など、新しい商機が生まれるだろう。ただし、商機を掴むためには今できる準備を怠らないこと。将来は全国各地でCNPが増える。先行して技術を高めておくことで、さらに商機が拡大するはず。

─自社としては、どう対応していく。
 水素への転換はまさにエネルギー革命。大きな投資を伴い、事業領域の縮小の怖さもあるが、基本的に物流業務がなくなることはないだろう。姫路港から西日本各地への二次輸送も考えられる。当社としても前向きに商機ととらえ、水素の物流業務の一翼を担えることを目指していきたい。それには情報をいち早くキャッチして精査・分析していくことが大事だ。私は2050年にはもう経営に携わっていないだろうが、会社が生き残っていられるように道筋はつけておきたい。

〈飾磨海運株式会社〉
 姫路市飾磨区細江1300
 Tel.079-233-0741
 http://www.shikamakaiun.co.jp

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】夢前町のヤマサ蒲鉾本社で間もなく芝桜が見ごろ 4月20日に夜間ライトアップイベントも

  2. 播磨時報2024年1月11日

  3. 銀の馬車道や万博誘客、子育てなどの分野で各種団体の地域づくりを資金援助 中播磨県民センターが対象事業を募集中

TOP