【姫路市】夢前町のヤマサ蒲鉾本社で芝桜が見ごろ

食・遊・学

 魚肉練製品などを扱う食品メーカー「ヤマサ蒲鉾」(姫路市夢前町置本)で、今年も「芝桜の小道」が開園した。
 「芝桜の小道」は、本社にある工場の見学ツアーや直売所を訪れる観光客にゆっくり過ごしてもらおうと、工場裏の丘陵地斜面に芝桜を植栽したのが始まり。2006年から毎年無料開放しており、今ではこの時期の風物詩としてすっかり定着、昨年は4万人以上の観光客が芝桜を楽しんだ。
 6,500平方メートルの広大な敷地に21万株の芝桜が一斉に咲き誇る様子は、まるで鮮やかな絨毯を敷き詰めているかのような見事な景観。今年は寒かった影響で開花が例年より遅くなっているが、4月中旬には美しい花々が咲き誇り、ゴールデンウイークにかけて見頃を迎えそうだという。
 開園は9時〜17時で5月6日まで。4月20日19時〜21時には約3500個のろうそくでライトアップする「夜芝桜鑑賞会」も催す(雨天中止)。

ライトアップされた「芝桜の小道」

 同社担当者は「芝桜を楽しみながら、夢前の大自然を身体いっぱいに感じてほしい。」と来園を呼びかけている。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】姫路を美しいまちに 都市景観賞募集

  2. 【姫路市】輝政公に思い馳せ 姫路・城陽地区三左衛門堀で川まつり

  3. 姫路お城まつりの5月19日、話題のティラノサウルスレースを無料で体験しよう

TOP