第9回 武蔵を巡る群像② 本多忠刻と千姫

千姫は徳川二代将軍秀忠の長女で、祖父家康の婚姻政策によって七歳にして大坂城の豊臣秀頼に嫁いだが、元和元年(一六一五)、城が焼け落ちた際に脱出。江戸へ下向する途中、伊勢桑名の渡しで、桑名藩主の嫡男忠刻を見初めて再嫁する。本多の移封に伴って姫路入りした。二十一歳だった。しかし、夫婦の幸せは長く続かず、寛永三年(一六二六)、忠刻は若くして他界、千姫も江戸へ去る。
巌流島決闘で剣名を揚げた武蔵は本多家に迎えられ、元和四年ごろから六、七年姫路に住んだと考えられる。実際には小笠原家の客分として明石城下に住むことが多かっただろうが、養子三木之助とともに、姫路城主父子に剣の道を指南したのではないか。
今、千姫の化粧料十万石で築かれた姫路城西の丸は、築城当時の姿をとどめている。〈つづく〉

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP