兵庫県立フラワーセンターで菊花展やダリア展

 兵庫県加西市の兵庫県立フラワーセンターで秋の花々が見ごろを迎えている。11月6日まで100品種、3千株のダリアを展示しているほか、11月23日までは国内でも有数のコレクションを誇るストレプトカーパス300品種を展示する。
 また、10月16日から11月20日までは恒例の菊花展。高さ1メートルを超える大菊や福々しい福助菊、松盆栽を思わせる盆栽菊など、県内の愛好家たちが手塩に掛けた大作約120点が並ぶ。11月中旬からは園内の紅葉も見ごろを迎えるという。
 さらに、10月22日に加西市内の農産物を販売する「じば産物産展」、11月3日に「北播磨農と食の祭典」、11月12、13日両日にフードブースや雑貨店が出店する「きららマルシェ」の開催もあるほか、シーズンを通して園内ガイドツアーやフォトセミナー、クリスマスリース作りといった体験イベント(いずれも先着順で要参加費)も。
  9時~17時(入園は16時まで)、大人500円、高校生以下無料。詳細はセンターHP(https://flowercenter.jp)。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 姫路文連の文化賞に郷土史家・難波さんと日本画家・山﨑さん

  2. フードドライブと空プラケース回収 姫信がSDGs活動

  3. 姉妹城のあるウェールズを応援しよう! アクリエひめじでW杯パブリックビューイング

TOP