【姫路市】ダイナミックに祭りシーズン開幕 灘のけんか祭りガイドブック刊行

文化・歴史

 氏子7地区の豪華屋台練り合わせと神輿の激しいぶつけ合いで、全国からファンが押し寄せる松原八幡神社(姫路市白浜町)の秋季例大祭、通称「灘のけんか祭り」が10月14、15日に開催される。氏子各地区の協力のもと、今年も播磨時報社はガイドブックを刊行した。

 同神社の縁起や祭りの歴史、各地区の屋台の特徴に加え、屋台を彩る狭間や高欄掛に見ることのできる伝説を紹介する。
 A4判、フルカラー16頁、1冊税込200円。同市東山の未来屋書店東山店(電話079-245-8558)や同市白浜町甲の小松屋(松原屋台蔵前)で取り扱っているほか、祭り当日には「まねき食品」の弁当受け渡し場(松原神社桟敷南、白浜小学校北、お旅山広畠西)でも販売する。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【佐用町】おりひめ文化ホール 笑福亭鶴瓶師匠の落語会

  2. 【赤穂市】ゲッターズ飯田&青木さやかのトークショー 当日抽選で占い鑑定を受けられるチャンスも!

  3. 【姫路市】姫路ゆかたまつり 6月22、23日 100店超の露店とパレードや舞台イベントなど

TOP