【姫路市】姫路文学館の藤原正彦館長が日本の教育について語る

文化・歴史

 数学者であり作家でもある藤原正彦さんが館長を務める「姫路文学館」が、藤原館長の講演会を6月3日午後1時半から姫路キャスパホール(同市西駅前町)で開く。
 演題は「21世紀を担う子供たち」。ベストセラー「国家の品格」などの著書で知られる藤原館長が、現代日本の抱える問題点を指摘しながら、国づくりの根幹である教育の本来あるべき姿について見解を示す。聴講無料。定員300人で、応募多数の場合は抽選により決定する。
 申し込みは、往復はがきに郵便番号、住所、氏名(ふりがな)、電話番号、「藤原正彦講演会希望」と記入し、5月17日までに同館(〒670-0021  姫路市山野井町84)へ。同館ホームページからも可。問い合わせは電話079-293-8228。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】3/8は町家の日 市内各所で町家暮らしの魅力を感じるイベント開催

  2. 知れば知るほど鉄道が好きになる! 3月20日、北条鉄道の検修庫で貴重な見学会

  3. 【宍粟市】宍粟の奥播磨夢俱楽部 国交省から「手づくり郷土賞」

TOP