【姫路市】ポストコロナを拓く情報発信へ 動画制作の専用スタジオが市役所に誕生

社会・行政

 姫路市は行政情報の発信力アップのため、本庁舎6階に映像の撮影や編集、ナレーション収録など動画制作の作業に対応したスタジオをこのほど開設した。
 北別館リニューアルに伴う配置換えで生じた約80平方メートルの空室を活用、1300万円かけて防音対策を含む改装を施し、700万円で撮影用カメラや録音マイク、照明設備、編集用パソコン、天吊プロジェクターなどを揃えた。自治体が庁舎内で動画制作の専用スタジオを所有するケースは、都道府県レベルでは群馬県に事例があるが、市町村レベルでは全国でも初めてという。
 今後、各課の職員が〝動く広報ひめじ〟を自ら作成し、YouTubeの公式チャンネル「ひめじ動画チャンネル」に逐次掲載していくほか、昨年度から始まった中高生動画コンテストで、生徒らに作品制作の場として活用してもらう考え。
 清元秀泰市長も、YouTubeにアップする自身の動画番組「ひでぺでぃあ」の撮影場所を従来の市長応接室から同スタジオに移す。清元市長は「職員たちと姫路の未来に繋がるコンテンツを創作していきたい」と話している。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】3/8は町家の日 市内各所で町家暮らしの魅力を感じるイベント開催

  2. 知れば知るほど鉄道が好きになる! 3月20日、北条鉄道の検修庫で貴重な見学会

  3. 【宍粟市】宍粟の奥播磨夢俱楽部 国交省から「手づくり郷土賞」

TOP