【たつの市】地元の総力で播磨を活性化─ 兵庫県立大と龍野商議所が連携協定

社会・行政

 兵庫県立大学が龍野商工会議所と産学連携で地域産業の活性化を図る協定を結んだ。県立大の畑豊副学長と龍野商議所の頃安雅樹会頭が5月29日、協定書に調印した。
 県立大の商議所との協定は、姫路、神戸、高砂に続いて4例目。主に①地域産業の振興と地元企業の育成、②まちづくり等の地域振興、③企業の人材育成、④域内企業間の交流・連携の促進─の4項目で協力しあう。
 調印式では、畑副学長が「従来の産学連携は教員と企業との組み合わせが多かったが、これからは組織同士で取り組むべき。会員企業の特色ある技術を有効活用したい」と意義を強調。頃安会頭は「たつのには食品や皮革など地場産業のほか、大手企業の工場も多い。それらの技術力、商品力を結集して播磨全体を活性化するためにも大学に旗振り役となってもらいたい」と期待を述べた。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【姫路市】令和5年 兵庫県議会議員選挙 開票速報 確定(23時23分現在)開票率100.0%

新着記事

  1. 【姫路市】世界のグルメが大集合 大手前公園でひめじ国際交流フェスティバル

  2. 【姫路市】ショパンコンクール第2位の反田恭平さんが初の姫路コンサート

  3. 【姫路市】姫路赤十字病院の医師、がん低侵襲治療について市民講座

TOP