「公立大学化 難しい」、 姫路獨協大のあり方検討審議会

姫路獨協大学の今後の方向性を議論してきた審議会が、最終意見を姫路市長に手渡し

 志願者・学生数の減少で存続が危ぶまれる姫路獨協大学(姫路市上大野)の今後の在り方を考えてきた審議会は2月19日、「公立大学法人化は難しい」と答申した。
 審議会は、運営主体の獨協学園から「公立大学法人化の要望」が提出されたことを受けて設置された姫路市長の諮問機関。同大の経営の推移や公立化した場合の財政シミュレーションなどの資料をもとに昨年8月から検討を重ねてきたが、序盤から自主再建を求める意見が大勢を占め、「このまま私立大学として存続してほしい」との考えは揺るがなかった。答申は市に対しても、公私協力方式で開学した経緯を再認識し、再建または事業譲渡について学園と連携するよう要求した。
 中尾一和会長(京都大名誉教授)から答申書を渡された清元市長は、「素直に受け止める。大学は人を育てるための重要な場との原点に返り、議会とも相談しながら建設的に考える」と述べた。市の方針は4月に獨協学園に伝える。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP