「公立大学化 難しい」、 姫路獨協大のあり方検討審議会

社会・行政

姫路獨協大学の今後の方向性を議論してきた審議会が、最終意見を姫路市長に手渡し

 志願者・学生数の減少で存続が危ぶまれる姫路獨協大学(姫路市上大野)の今後の在り方を考えてきた審議会は2月19日、「公立大学法人化は難しい」と答申した。
 審議会は、運営主体の獨協学園から「公立大学法人化の要望」が提出されたことを受けて設置された姫路市長の諮問機関。同大の経営の推移や公立化した場合の財政シミュレーションなどの資料をもとに昨年8月から検討を重ねてきたが、序盤から自主再建を求める意見が大勢を占め、「このまま私立大学として存続してほしい」との考えは揺るがなかった。答申は市に対しても、公私協力方式で開学した経緯を再認識し、再建または事業譲渡について学園と連携するよう要求した。
 中尾一和会長(京都大名誉教授)から答申書を渡された清元市長は、「素直に受け止める。大学は人を育てるための重要な場との原点に返り、議会とも相談しながら建設的に考える」と述べた。市の方針は4月に獨協学園に伝える。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】NHK大河「光る君へ」の花山法皇が御幸した「弥勒寺」ってどんな寺?

  2. 【姫路市】竹中雄大さん凱旋 ノーベルブライト、世界遺産姫路城でのツアーファイナルが決定

  3. 【姫路市】映画「あぶ刑事」とコラボ マッチの日東社 限定販売

TOP