「利他の思いで明るい社会を」姫路市保護司会が総会

社会・行政

 犯罪や非行に走った人々の立ち直り支援(更生保護活動)で地域の安全・安心づくりに寄与する姫路市保護司会が、関係者約130人の参加のもと、総会を姫路市内のホテルで開いた。
 同市は近畿でもトップ級という約220人の保護司数が示す通り、更生保護活動の熱心な地域。今年度も新たに18人が加わった。それでも総体的に高齢化が否めず、保護司の安定確保は継続課題。
 このことから長岡晃澄会長は、総会挨拶で「明るい社会づくりのためにも、私たちの役割を広く伝え、より多くの仲間を増やさねば」と述べ、同時に「今年も利他の思いを持って取り組む」と抱負。
 また事務局からは、被支援者の社会復帰の一助として、「兵庫県立山の学校」(宍粟市山崎町五十波)を紹介。同校の田中裕一校長が「体験活動を通じた青少年の健全育成が理念。週末里親制度もあるので、必要な人に必要な情報を届けてほしい」と呼びかけた。

功労者顕彰として藍綬褒章受章者に花束を贈呈

 このほか、今年度の顕彰者として、鹿谷中校区・大江廣明氏と夢前中同・岸田邦弘氏が藍綬褒章、安室中同・前田茂樹氏と東光中同・平野郁史氏が法務大臣表彰を受けたことを報告した。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】3/8は町家の日 市内各所で町家暮らしの魅力を感じるイベント開催

  2. 知れば知るほど鉄道が好きになる! 3月20日、北条鉄道の検修庫で貴重な見学会

  3. 【宍粟市】宍粟の奥播磨夢俱楽部 国交省から「手づくり郷土賞」

TOP