姫路赤十字病院 がんと遺伝をテーマに市民講座

姫路市下手野の姫路赤十字病院

 がんについての知識を深め、健康維持に役立ててもらおうと、「がんについてもっと知ろう!市民講座」が2月12日14時からアクリエひめじ小ホール(姫路市神屋町)で開かれる。姫路赤十字病院(同市下手野)の主催。ちょうど50回目の節目で、対面形式では3年ぶり。「がんと遺伝について」を題材に、ゲノム医療や遺伝医療のエキスパートが講演する。
 冒頭に岡田裕之病院長と医師でもある清元秀泰姫路市長が挨拶。14時20分から「知っておきたいがんとゲノムの基礎知識」(稲澤謙治・東京医科歯科大リサーチコアセンター長)、「遺伝を知ることでがんを予防する」(平沢晃・姫路赤十字病院遺伝診療部医師)、「遺伝カウンセリングを知っていますか」(藤田裕子・同病院認定遺伝カウンセラー)、「遺伝性腫瘍に対する当院のサーベイランス体制」(甲斐恭平・同病院副院長)の4本の講演が続く。
 同病院は「これからは個々の遺伝子の変化に合わせ治療を行うゲノム医療の時代がやってくる。遺伝とがんについて正しく理解してもらい、健康管理に役立ててほしい」と参加を呼びかけている。
 聴講無料で先着100人。同院ホームページ(https://himeji.jrc.or.jp)から申し込む。問い合わせは総合相談支援課・相談支援センター(電話079-294-2251、平日9時~16時)。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. こころと体を整える呼吸法—、姫路獨協大学が公開講座

  2. 和辻哲郎文化賞授賞式で土井善晴さんが記念講演

  3. 加西の北条鉄道、「キハ40」導入の1周年感謝祭で「なまはげ列車」

TOP