眞鍋バレーボール女子日本代表監督に応援フラッグ贈呈

日の丸の応援フラッグを贈られた眞鍋政義監督(右)と「ヴィクトリーナ姫路を応援する首長の会」会長の清元秀泰姫路市長

2024年パリ五輪への出場を目指すバレーボール女子日本代表の監督に復帰した姫路市出身、眞鍋政義氏(58)に4月4日、同氏の故郷である姫路市など播磨8市8町の首長から応援フラッグが贈られた。
眞鍋監督が同市を拠点に設立したプロチーム「ヴィクトリーナ姫路」を応援する地元首長らが日本国旗に「NEVER GIVE UP!」(清元秀泰姫路市長)や「輝く栄冠を目指して頑張れ!」(庵逧典章佐用町長)などのメッセージを手書きしたもの。
清元市長が「銅メダルを獲得した2012年ロンドン五輪を超える成績を」と激励すると、眞鍋監督は「日の丸を背負ってオールジャパンで頑張る」と応えていた。
眞鍋ジャパンは今後は、Vリーグレギュラーシーズン終了後に代表選手を選抜し、5月下旬から7月中旬に開催される世界大会「ネーションズリーグ」に参加。その後8月中旬に姫路市内で代表合宿を行い、9月から10月にかけて「世界選手権大会」と「アジア大会」に参加する予定。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP