【姫路市】能登半島地震の被災者へ市営住宅を提供

社会・行政

 姫路市は令和6年能登半島地震の被災者支援として、市営住宅を提供することを決めた。入居期間は原則6カ月以内だが、住宅再建に時間が必要な場合は最長2年まで延長できる。10戸からスタートし、今後、状況に応じて順次追加するという。
 被災者には公営住宅法に規定する収入等の入居要件を適用除外し、家賃・敷金を免除する。ただし、水道光熱費、共益費、駐車場利用料は自己負担。
 申し込みは罹災証明書の提示が必要で、姫路市役所・住宅課(電話079-221-2632)で受け付けている。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】3/8は町家の日 市内各所で町家暮らしの魅力を感じるイベント開催

  2. 知れば知るほど鉄道が好きになる! 3月20日、北条鉄道の検修庫で貴重な見学会

  3. 【宍粟市】宍粟の奥播磨夢俱楽部 国交省から「手づくり郷土賞」

TOP