兵庫県と姫路市、G7関係閣僚会合の誘致へ推進協発足

オンラインで神戸とつないで行われた関係閣僚会合誘致促進協議会の初会合(アクリエひめじで)

 2023年に日本での開催が予定されている主要国首脳会議(G7サミット)に伴う関係閣僚会合の誘致を目指している姫路市で、地元行政や経済界による誘致推進協議会が2月8日、発足した。兵庫県側は県と県議会、ひょうご観光本部、姫路市側は市と市議会、商工会議所、経営者協会、神戸経済同友会西播部会、観光コンベンションビューローという構成で、会長に清元秀泰市長を選任、副会長には斎木俊治郎会頭、顧問には斎藤元彦知事が就いた。

 日本での開催地は、今年6月26日から28日まで開かれるドイツサミットの直前に決まる見込みで、メインの首脳会議には名古屋市、広島市、福岡市の3市、関係閣僚会合には姫路市をはじめ約20都市が名乗りを上げている。このうち、外務大臣会合の誘致を表明しているのは、姫路市と栃木県日光市、茨城県水戸市、宮崎県宮崎市。ほかにも首脳会議に漏れた都市が加わる可能性もある。

 推進協の初会合はオンラインを併用したハイブリッド方式で実施。斎藤知事が「姫路の開催環境は申し分ない。厳しい競争を勝ち抜いて開催したい」と力を込めると、清元市長も「短期決戦となるが、実現させて兵庫・姫路の魅力を世界に発信したい」と参加団体に誘致活動への全面協力を呼びかけた。

 推進協メンバーは今後、上京して外務省や内閣官房など政府への直接要望活動を行っていくほか、姫路にゆかりのある著名人の協力も得ながらウェブサイトやSNS、紙媒体を用いて地域住民への機運醸成活動にも取り組んでいくことを決めた。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP