【姫路市】姫路赤十字病院の医師、がん低侵襲治療について市民講座

食・遊・学

 がんについての知識を深め、健康維持に役立ててもらおうと、姫路赤十字病院(姫路市下手野)が10月26日14時から「がんについてもっと知ろう!市民講座」を開く。会場は同病院PET・コミュニティ棟の多目的ホール。
 従来は大きく腹部を開いて行っていた手術を、腹腔鏡やロボットなどを用いて身体への負担を出来るだけ少なくする最新の治療方法「低侵襲治療」について、実際に現場で治療に当たっている医師が分かりやすく解説する。
 内容は、「胃・食道がんに用いられるESD(内視鏡的粘膜下剥離術)」(筑木隆雄第三消化器科部長)、「様々ながん種で適応される高精度放射線治療」(武本充広第一放射線治療科部長)、「最近、保険適応となった肝臓がんのロボット支援手術」(甲斐恭平副院長)の3本。
 同病院は「色々な治療方法があることを知って健康管理に役立ててほしい。知識を持つことで身近な人の力にもなれる」と参加を呼びかけている。
 聴講無料で先着40人。同院ホームページ(https://himeji.jrc.or.jp)か電話で申し込む。問い合わせは総合相談支援課・相談支援センター(電話079-294-2251、平日9時~16時)。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】姫路を美しいまちに 都市景観賞募集

  2. 【姫路市】輝政公に思い馳せ 姫路・城陽地区三左衛門堀で川まつり

  3. 姫路お城まつりの5月19日、話題のティラノサウルスレースを無料で体験しよう

TOP