【宍粟市】地元産ヒノキで地域を元気に──宍粟に酒樽サウナ誕生

食・遊・学

 宍粟市役所が新しいローカルビジネスの創出を目指して昨年実施したアイデア審査会から生まれた新製品「酒樽サウナmu-su」の第1号が同市一宮町でお披露目された。
 市産ヒノキで造った直径2.9メートル、高さ3メートルの独立型サウナ室。中央に配置したエストニア産の薪ストーブでサウナストーンを高温に熱し、水をかけて発生させた蒸気で発汗を促進する「ロウリュ」も楽しめる。
 設置されたのは同町東河内を通る峠沿い。別荘跡を隠れ家リゾートとして整備中の不動産会社「すまいるホーム」(姫路市)が集客策の一環で購入したという。


 mu-suを製作・販売するのは、開発者である地元ベンチャー「宍粟印」。同社は「日本酒発祥の地から生まれた製品。全国に増やして地元活性化に貢献したい」と話している。販売価格は約460万円。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】3/8は町家の日 市内各所で町家暮らしの魅力を感じるイベント開催

  2. 知れば知るほど鉄道が好きになる! 3月20日、北条鉄道の検修庫で貴重な見学会

  3. 【宍粟市】宍粟の奥播磨夢俱楽部 国交省から「手づくり郷土賞」

TOP