【姫路市】豪華客船を迫力の太鼓演奏でお出迎え! 一般観覧もOK、姫路港

食・遊・学

 国際クルーズ客船「オイローパ」と「ウエステルダム」が3月中旬、立て続けに姫路港へ寄港、記念の歓迎行事が行われる。埠頭には観覧エリアも設け、一般の観客も間近に豪華客船を見ることができる。
 「オイローパ」はマルタ船籍のラグジュアリークラス小型船。全長198.6メートル、総トン数28,890トン、乗客定員約400人で、204室ある客室は全てスイート仕様のオーシャンビュー。姫路港には2005年、2017年に続き3回目の入港となる。
 「ウエステルダム」はオランダ船籍のプレミアムクラス中型船で、全長285メートル、総トン数82,886トン、乗客定員約2000人。芸術的な内装は「洋上の美術館」と呼ばれるほどで、船内では三つ星レストランの料理長監修の料理が味わえる。今年2月に姫路港に初入港したのに続き、早くも2回目の入港を果たす。

「洋上の美術館」の異名を持つ「ウエステルダム」

 「オイローパ」は3月12日、「ウエステルダム」は13日のいずれも早朝6時に飾磨岸壁へ着岸の予定。両日とも17時半~18時に太鼓演奏やご当地キャラクターたちのセレモニーが行われ、港を歓迎ムード一色に染め上げる。また埠頭では、乗客向けに観光案内ブース、土産店を設置するほか、13日は、えきそばや弁当、明石焼きのキッチンカーの出店も。一般観覧エリアでは9時から18時まで観覧できる。
 なお、「オイローパ」は13日深夜1時に次の目的地の宇野港(岡山県)を目指して離岸、「ウエステルダム」は14日深夜2時に大阪港へと旅立つことになっている。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】夢前町のヤマサ蒲鉾本社で間もなく芝桜が見ごろ 4月20日に夜間ライトアップイベントも

  2. 播磨時報2024年1月11日

  3. 銀の馬車道や万博誘客、子育てなどの分野で各種団体の地域づくりを資金援助 中播磨県民センターが対象事業を募集中

TOP