播磨の麺が大集合! 3年振りに播州のめんまつり開催

イトメンが伝統の手延製法で作った「麺龍 冷やし中華」

 播磨の豊かな自然と穏やかな気候風土が育んだ各種麺を一堂に集めてPRする「2022播州のめんまつり」が5月28、29日の2日間、姫路駅北にぎわい交流広場(雨天時は姫路駅中央地下通路)で開催される。3年振り。主催は公益財団法人姫路・西はりま地場産業センター(兵庫県姫路市南駅前町)。

熟練の職人が丹精込めた手延そうめん「揖保乃糸」

 初参加のもちむぎ麺など、地元製麺各社が自慢の商品を通常より廉価で展示販売するほか、買物500円ごとに1枚配られる補助券5枚で参加できる空くじなしの大抽選会、手延素麺協同組合・前田産業、イトメン、もちむぎ食品センターの3社による試食会もある。
 時間は28日が11時~16時、29日が10時30分~15時30分。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP