加西の夜空に美しい花火を—。花火募金スタート!

実際の花火玉を使用した斬新な募金箱

加西市は8月6日と7日に恒例の夏祭り「加西サイサイまつり」を開催するにあたり、祭典事務局の市文化・観光・スポーツ課が行事フィナーレを飾る打ち上げ花火の募金活動を始めた。
「いつもの打ち上げに市民の力をプラスして、ふるさとの夏を一層盛り上げたい」と事務局。
募金箱は、実際に使う8尺寸花火の玉皮に北条高校生有志が揮毫して作成。市役所1階エントランス(平日のみ)、市民会館、アスティアかさい地域交流センターや市健康福祉会館に設置しているだけでなく、ほかにも募金箱を設置してくれる店舗を募集している。
8月5日まで。口座振込(三井住友銀行北条支店 普通口座 3290471 加西サイサイまつり祭典委員会)でも受け付けており、その場合は、振込者名の前に「ボキン」と明記すること。問い合わせは事務局(電話0790-42-8756)。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP