【西播磨】佐用町・西はりま天文台で過ごす、星明かりとキャンドルの一夜

食・遊・学

 公開望遠鏡としては国内最大の「なゆた望遠鏡」があることで知られる兵庫県立大学西はりま天文台(佐用町西河内)で12月23日13時半〜21時、「星の都のキャンドルナイト」が開催される。
 JAXA宇宙教育センターの協力のもと、星砂で星座を描いたり、地球環境について考えるコズミックカレッジ(先着50人、予約優先)を小学生以下対象に開講するほか、昼間の星と太陽の観察会(13時半〜、15時半〜)やオリジナルの星座早見盤を作る天文工作教室(14時半〜)を実施。工作教室は材料費100円が必要で、先着20人を受け付ける。
 また、16時半〜18時には日本スペースガード協会の浦川聖太郎氏が「未発見小惑星検出アプリCOIASを使ったスペースガードへの取り組み」について講演し、18時半から3D映像で宇宙旅行を楽しむ「3DシアターMitaka」の上映会(先着120人)、18時頃から約100個のキャンドルが灯るキャンドルタイム。

 フィナーレは、100億光年もの時空を超えて宇宙の果てを見ることができるという「なゆた望遠鏡」で感動の星空を観望してもらう(先着150人)。

この時期、特に美しいという木星

 いずれも参加無料で、「町の明かりが少ない佐用は星空がとてもきれいで、特に今は木星が美しい時期。この機会に足を運んでいただき、キャンドルと夜空のとり合わせを楽しんでほしい」と担当者。予約、問い合わせは同天文台(電話0790-82-3886)。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】3/8は町家の日 市内各所で町家暮らしの魅力を感じるイベント開催

  2. 知れば知るほど鉄道が好きになる! 3月20日、北条鉄道の検修庫で貴重な見学会

  3. 【宍粟市】宍粟の奥播磨夢俱楽部 国交省から「手づくり郷土賞」

TOP