【姫路市】城周辺の観光ループバスに日本初の車両 家老屋敷跡公園でお披露目式

食・遊・学

 世界遺産登録30周年を迎えた姫路城で、城周辺観光ループバスがリニューアルする。運行を担う神姫バス(姫路市西駅前町)が12月11日13時~13時半、姫路城南の家老屋敷跡公園でお披露目式を実施する。
 姫路城周辺に点在する美術館や文学館、好古園などを周回している観光ループバス。現在走行中のディーゼルエンジン搭載レトロ調ボンネット型バス2台は引退することになり、新たに小型電気バス「J6」が導入される。
 「J6」は、新開発のバッテリーを搭載することで航続距離を220キロメートルまで伸ばすことに成功したBYDジャパン(横浜市)の新型車両。国内で導入されるのは姫路が初めてという。
 式典には神姫バスの長尾真社長や姫路市の清元秀泰市長も参加、除幕して綺麗にラッピングされた車体を披露する。車両は17時まで展示し、来場者には記念カードを500枚限定で配布する。
 運行開始は来年1月以降の予定。運賃は大人1回190円。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】3/8は町家の日 市内各所で町家暮らしの魅力を感じるイベント開催

  2. 知れば知るほど鉄道が好きになる! 3月20日、北条鉄道の検修庫で貴重な見学会

  3. 【宍粟市】宍粟の奥播磨夢俱楽部 国交省から「手づくり郷土賞」

TOP