地域で子どもを育てる交流食堂に注目を

食・遊・学

 各地で「子ども食堂」と称する事業が広がっている。大まかに言うと、地域の子どもたちに無料または低額で栄養ある食事や楽しい団らんの場を提供する社会活動である。
 姫路市内には17カ所が市のホームページに挙げられているが、ここで取り上げる子ども食堂は少し特徴がある。営業中の飲食店を利用して毎日昼間に開設しているという点だ。
 場所は同市上手野の焼鳥店「ゆ鳥山吹店」。同店を経営する産業機器商社「ツボサカ機鋼」(同市北今宿)と、「子ども食堂を通じて地域交流の場を作りたい」との思いを持っていたNPO「はなのいえ」(同市青山北)が意気投合して開業したもので、運営ははなのいえが担っている。
 ここは年齢問わず利用可能(大人500円、中学生以下300円)で、ご飯とみそ汁のお代わり自由。ご飯をおかずにご飯が食べられるというくらい、お米がおいしいのが自慢だ。
 また、「あしながカード」という制度も特徴。仕事帰りに一杯飲んだ客が勘定ついでに1枚につき300円を払って店に預けておけば、子どもなら誰でもそれを利用して無料で食事できるというシステム。まさに地域の大人が地域の子どもたちを育てていこうというスタンスで、1人で10枚以上寄付してくれた賛同者が早くも現れたそうだ。
 かつての日本では当たり前だった家族団らん、あるいは近所付き合いを通じ、「これからの日本を背負う子どもたちを育てていきたい」と両者。日・月曜を除く11時半〜13時半に実施しているので、ぜひ知ってほしい。これからどんどんと善意の輪が大きくなっていくことを願う。 

寄付者と利用者がメッセージカードでコミュニケーションするのも特徴

子ども食堂に店舗を貸し出している焼鳥店「ゆ鳥山吹店」



関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】夢前町のヤマサ蒲鉾本社で間もなく芝桜が見ごろ 4月20日に夜間ライトアップイベントも

  2. 播磨時報2024年1月11日

  3. 銀の馬車道や万博誘客、子育てなどの分野で各種団体の地域づくりを資金援助 中播磨県民センターが対象事業を募集中

TOP