まねき 冷凍棒寿司発売 できたてを自宅で

 駅弁老舗のまねき食品(兵庫県姫路市北条、竹田典高社長)が、冷凍の棒寿司を発売した。同社は「コロナ禍なので自宅で美味しいものを」と冷凍商品に着目、2020年から冷凍弁当の販売を開始。21年からは、冷凍食品の新価値を発信する『フローズンエコノミーラボ』に参加するなど、冷凍商品の開発に力を入れている。
 各地の名物が詰まった弁当「旅気分セット6食入り」(7700円)や、ビフテキのカワムラ(神戸市)と共同開発した「ビフテキのカワムラ神戸牛ステーキ弁当」(3800円)などに続く冷凍棒寿司は、姫路名物の穴子を使用した「煮穴子」(1404円)、静岡県のブランド鱒「紅富士」を使用した「紅鱒」(1188円)、瀬戸内の鯛を使用した「真鯛」(1080円)の3種類。いずれも厳選した食材を用い、酢飯は解凍しても風味や食感が損なわれないよう、試作を繰り返したという。
 「一般的な冷凍寿司は電子レンジで解凍するものが多く、素材に熱が通って風味が損なわれてしまうが、この棒寿司はゆっくりと自然解凍させるので、従来の風味や食感が維持される。できたての味を楽しんでほしい」と担当者。同社受注センター(℡079・224・0251)や同ドライブスルー、まねき白龍城店、マネキダイニング天理PA上り店で販売中。今後はオンラインショップでも販売する予定。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP