虹技、高強度の新素材開発

マンホール蓋やプレス金型など鋳物大手の虹技(姫路市大津区勘兵衛町、山本幹雄社長)は、素材となる球状黒鉛鋳鉄(FCD)の含有する黒鉛量を少なくすることで強度を世界最高水準まで引き上げた低炭素FCDの開発に成功したと発表した。
独自研究で組成時の合金元素濃度を抑えて溶湯処理を最適化したことで、一般的なFCDをしのぐヤング率(伸びの弾性率)と疲労強度を実現したという。
必要な関連特許をすでに取得しており、現在は実用化に向けて鋳造テストを実施中。自動車や産業機械などの幅広い部品で性能向上や軽量・コンパクト化を求める取引先に提案していく。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP