姫路市の雇用促進に信金中央金庫が1千万円寄付

信金中金神戸支店が姫路市に1千万円を寄付

 姫路市は、創立70周年を迎えた信金中央金庫(東京)が各地で展開している地方創生支援の記念事業「SCBふるさと応援団」から1千万円の寄付を受けた。
 同スキームは、信金中金が企業版ふるさと納税の仕組みを活用して2020年度に創設した10億円の基金をもとに、信用金庫が本店を置く地方公共団体の行う地域創生事業を資金面で援助するもの。同市には人手不足で悩む企業が多いことから、地域密着型の就職支援サイト運営やインターンシップイベント、オンラインジョブマッチングの実施など同市が展開する雇用促進プランを支援してほしいと播州信用金庫(姫路市南駅前町、和田長平理事長)が推薦したことで選ばれた。
 信金中金神戸支店の小平敏宏支店長と播信の宮﨑八千代常務理事が2月4日、市役所に清元秀泰市長を訪ねて目録を贈呈。清元市長は「人材育成と地域活力の振興に頑張りたい」と感謝を述べた。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP