【姫路市】兵庫県立歴史博物館で桂米團治師の講演

文化・歴史

 開館40周年の節目となる4月8日にリニューアルオープンした兵庫県立歴史博物館(姫路市本町68)で、落語家・桂米團治師の記念講演会が5月25日14時~15時半に開催される。
 同館は、1981年の神戸ポートアイランド博覧会に兵庫県が出展したパビリオン「兵庫縣館」を引き継ぐ形で、83年4月1日、特別史跡・姫路城跡内北東の位置に開館したのが始まり。誘致にあたっては、姫路市民が署名活動を活発に行った経緯がある。
 過去に2度のリニューアルを行うも施設の老朽化が目立ってきたことから、今回の改修では耐震化や照明のLED化のほか、新たにライトアップ設備や「城見ラウンジ」などを整備。フリーWi-Fiを完備し、案内サインと導線の見直しを図るなどユニバーサルデザインの観点も取り入れた。
 講演会は米團治師と同館長の藪田貫氏が、姫路市出身の落語家で米團治師の父、故桂米朝師について語る。定員は、講堂での聴講とロビーでのライブ中継各100人で、応募多数時は抽選。往復はがき(講演会名、郵便番号、住所、名前、電話番号、友の会会員は会員番号を記載)または同館ホームページ(https://rekihaku.pref.hyogo.lg.jp)から、5月2日までに申し込む。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】姫路を美しいまちに 都市景観賞募集

  2. 【姫路市】輝政公に思い馳せ 姫路・城陽地区三左衛門堀で川まつり

  3. 姫路お城まつりの5月19日、話題のティラノサウルスレースを無料で体験しよう

TOP