姫路のまちに福とどけ 3年振りに総社で「宝恵駕籠行列」

2019年に催行された謡囃子

 播磨国総社(姫路市総社本町)は、1月14日から16日まで催行する初えびす祭に合わせて15日、「宝恵駕籠」「にわか」「謡囃子」の行列を3年振りに行うことにした。今年一年の安寧と繁栄を願って姫路の中心市街地にある商店街を賑やかに練り歩き、街中に福を届ける。
 朝10時45分に福娘を載せた駕籠が総社を出発、20年に一度の大祭で現れる「三ツ山」の模型、大天狗面の曳きものとともに、珍しい南蛮衣装をまとった行列「にわか」や、色鮮やかな着物と白丁(はくちょう)と呼ぶ白い衣装に身を包んだ一行が「三ツ山踊り」を踊りながら練り歩く「謡囃子」が続く。
 経路は国道2号線から南下して、二階町、西二階町、大手前通りを抜けて姫路駅前まで。駅前キャッスルガーデンに設置された特設舞台では13時半からセレモニーを行い、鏡開きや舞の披露も。ご当地アイドルKRD8のライブなどステージパフォーマンスで催しが最高潮に達すると、行列はみゆき通りや本町通りを北上して帰路に着く。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. こころと体を整える呼吸法—、姫路獨協大学が公開講座

  2. 和辻哲郎文化賞授賞式で土井善晴さんが記念講演

  3. 加西の北条鉄道、「キハ40」導入の1周年感謝祭で「なまはげ列車」

TOP