【姫路市】県内最大級のクラフト展「ひめじアーティストフェスティバル」、今年も開幕

食・遊・学

 全国から手づくり作家が集結する県内最大級のクラフト展「ひめじアーティストフェスティバル」が、5月13、14日の両日、姫路城北側のシロトピア記念公園で開催される。テーマは「交わす言葉 手に取る喜び 繋がる思い」。
 同フェスティバルは、2000年から15年続いた「ひめじクラフト・アートフェア」を引き継ぐ形で、姫路市別所町で木工房「円司(えんじ)」を営む宮川真一さんが2016年に初開催したのが始まり。
 今回は、応募のあった263作家の作品画像などを選考委員が審査した結果、167作家の出店が決定している。ジャンルは木工、陶芸、ガラス、金工、皮革、染・織・被服など多岐にわたり、絵本やアートブックなどの古本ブース(雨天時は中止の場合あり)も初出店する。ほかにも木のおもちゃ、錫のぐい呑みや豆皿作りなど、子どもから大人まで楽しめる約20の体験ブースや多彩なフードが楽しめる飲食ブースなどが登場し、初夏の一日を思う存分に楽しめる内容となっている。
 宮川さんは「手づくりの良さを知ってもらうためにもクラフトフェアを続けていくことが大切。子どもやペットと一緒に気軽に来てもらえれば」と話している。
 13日は10時~17時、14日9時~16時。入場無料、雨天決行。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】3/8は町家の日 市内各所で町家暮らしの魅力を感じるイベント開催

  2. 知れば知るほど鉄道が好きになる! 3月20日、北条鉄道の検修庫で貴重な見学会

  3. 【宍粟市】宍粟の奥播磨夢俱楽部 国交省から「手づくり郷土賞」

TOP