姫路城で千姫ぼたん祭り

千姫ぼたん園の満開のぼたん

姫路城(兵庫県姫路市本町)では桜の季節がそろそろ終わりを告げ、続いて百花の王・牡丹(ぼたん)の季節がやって来る。かつて千姫の居宅があった西の丸を望む、広さ1万4千平方メートルの「千姫ぼたん園」で4月中旬から5月上旬まで約1千株のぼたんが咲き誇る。

同園は、「姫路城を四季折々の花で彩ろう」という市民有志の声がきっかけとなり、多方面から寄付が集まって1991(平成3)年に完成した。以後、ぼたんの開花に合わせて「千姫ぼたん祭り」が開催されており、イベントには市内の文化・芸能グループが出演する。

29回目となる今回は、4月16日(土)午前10時30分に開幕。テープカットなどの開園セレモニーに続き、特設ステージで和太鼓演奏や日本舞踊、「播磨甲冑隊」のパフォーマンス、紙芝居などさまざまな芸能が繰り広げられる。午後には地元姫路出身の演歌歌手、城山みつきさんも登場する。

また、恒例の市民俳句会やお茶席のほか、今年はキッチンカーも出店。全国コーヒーチェーンの社内バリスタ全国大会優勝経験者が営む「トートコーヒー」と、兵庫・播磨地域で人気上昇中の「134キッチン」の特別メニューが園内で味わえる。

入園無料。荒天時は翌17日に順延。問い合わせは姫路城管理事務所、電話番号079-285-1146。

新緑に包まれた姫路城

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP