11区・松本氏 趣向凝らして 春の集い

松本代議士の歩みを紹介するパネルに見入る支持者ら

兵庫11区選出の松本剛明代議士(自民、8期)が後援会の個人会員向け「春の集い」を4月17日、ホテル日航で催した。

松本氏の国政報告とイチゴや鉢花など支援企業の持ち寄りミニバザーの2部構成という新しいスタイル。感染症対策で座席を350人に絞って準備していたが、500人を超える申し込みがあったため、参加者を入れ替えて国政報告を2回実施した。

松本氏はウクライナ情勢を自国に置き換え、「中国の軍事力拡大は注視する必要がある。自分たちで国を守るには、ひるむことなく外交していかねばならない」と元外務大臣の経験を踏まえながら、日本外交のあるべき方向性を力説していた。

ミニバザー会場では松本氏の初当選(2000年)からの歩みや実績、「出世払い型奨学金制度」など実現に向けて注力している政策の紹介コーナーもあり、参加者は立ち止まって熱心にパネルや映像に見入っていた。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP