【播磨】播磨観月会特集 中秋の名月に合わせて各地で開催 

食・遊・学

 平安時代に中国から伝わったという観月の風習。すすきは魔除けを意味し、月見団子は、月を表すと同時に秋の収穫物の象徴。今年も月を愛でながらの邦楽演奏や舞、茶会などが播磨各地で催される。

姫 路 市
 【姫路城】姫路の秋の風物詩「姫路城観月会」は、中秋の名月の9月29日17時~21時に姫路城三の丸広場で。姫路城世界遺産登録30周年を記念し、河内家菊水丸さんによる新作「姫路城音頭」の初披露や多彩なステージイベントがある。
 17時40分、マーチングバンドでオープニング。18時10分からのセレモニー後、ステージでは筝曲や和太鼓演奏、「姫路城音頭」の披露ほか、姫路お城の女王も登場。おもてなしコーナーでは、17時からお茶席(限定菓子付)、18時から地酒や弁当、姫路おでん、月見団子などが売り出される。入場無料。雨天時は30日に順延。実行委員会(電話079-240-6023)。
 【好古園(姫路市本町)】9月29日に日暮れから園内をライトアップ。「双樹庵」では17時〜20時に月見茶会(1席500円)。レストラン「活水軒」では17時~20時半まで夜間特別営業を行い、月見御前を提供する。1食2980円で20食限定(3日前まで要予約、電話079-289-4131)。18歳以上310円、小中高生150円。電話079-289-4120。

赤 穂 市  
【市民会館(同市加里屋)】「赤穂観月・芸能の夕べ」を9月30日13時~17時に開催。茶席(1席450円、前売り400円、限定300席)ほか、詩吟や民謡、邦楽演奏や歌謡ショーなど多彩なステージイベントが行われる。実行委員会(電話0791-43-7450)。

たつの市
【龍野会場】9月29日18時~21時に龍野城(同市龍野町上霞城)で「龍野観月の夕」。キャンドルが灯され、月の観望会、邦楽や草笛演奏会、茶席(1席500円)などを催す。雨天時は30日。市観光協会(電話0791-64-3156)。  

【新宮会場】9月30日13時~16時、新宮ふれあい福祉会館(同市新宮町平野)で「観月の夕」。芸能発表や囲碁会、茶席(12時~15時)が行われる。29日13時~16時と30日9時~16時は文化展も。市文化協会(電話0791-64-3180)。
【揖保川会場】9月24日12時~15時半、アクアホール(同市揖保川町正條)で「仲秋の文化祭」。お茶席(10時~15時)や芸能発表会のほか、23、24日(10時~16時)に作品展示会も。同(電話0791-64-3180)。
【御津会場】9月17日15時~20時、御津公民館(同市御津町苅屋)で「観月の夕」。芸能発表やお茶席(18時半まで)、抽選会が催される。同(電話0791-64-3180)。

宍 粟 市
【波賀文化創造センター(同市波賀町上野)】9月30日19時から「しそう波賀城観月会」。500個の灯篭に照らされ、トランペット演奏やコーラスなどのステージ、地元団体による俳句、川柳展示など。茶席「露の会」(17時半~)は1席200円。雨天時は市民センター波賀ホールで実施。波賀生涯学習事務所(電話0790-75-2241)。

太 子 町
【あすかホール(同町鵤)】9月23日16時から「いかるがの里 月見の會」。約80台のランプシェードや約100台の絵行灯で照らした会場で、民謡や播州段文音頭などの芸能披露や茶席(無料)が行われる。同町観光大使も参加し、会場を盛り上げる。文化推進課(電話079-277-2300)。

加 西 市
【soraかさい(同市鶉野町)】10月1日16時~20時に加西市茶道協会主催の「加西観月茶会」。月を愛でながら裏千家、神田宗郁社中による野点が開催される。1席500円で市観光協会で販売中。SORAかさい夜間特別開館も同時開催(入館料無料)。市観光協会(電話0790-49-8200)。

加古川市 
【鶴林寺(加古川町北在家)】10月27日18時から十三夜(中秋の満月の約1カ月後に巡ってくる月)に合わせた観月会。軽音楽や尺八の演奏など舞台イベント、甘酒のふるまいが行われる。電話079-454-7053。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    【姫路市】令和5年 姫路市長選挙 開票速報(23時10分現在)開票率15.62%

  2. 2

    【姫路市】門前商店街「三十軒長屋」も魅力満載、平成中村座の姫路城公演

  3. 3

    【播磨】播州路 秋祭り特集2023

新着記事

  1. 【姫路市】姫路を美しいまちに 都市景観賞募集

  2. 【姫路市】輝政公に思い馳せ 姫路・城陽地区三左衛門堀で川まつり

  3. 姫路お城まつりの5月19日、話題のティラノサウルスレースを無料で体験しよう

TOP