グローリー、米・同業を買収

貨幣処理機大手のグローリー(姫路市下手野、三和元純社長)は、北米の流通市場で大型小売・食料品店などのバックオフィス向け現金入出金機を販売・保守する「レボリューション・リテール・システムズ」(米テキサス州)を買収する。買収額は約210億円。
レボリューションは米国とカナダで9千台以上の納入実績があり、24時間365日稼働のコールセンターや遠隔モニタリングのサービスを通じて現地のソフトウェア企業や警備輸送会社との協力関係も構築している。
2020年9月期の連結売上高は1億500万㌦(約120億円)。
グローリーは同市場が今後さらに成長するとにらんでおり、レボリューションの顧客にレジ釣銭機など自社製品もセット販売することで事業拡大につなげる。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 兵庫県と姫路市が共同でワクチン接種会場を開設

  2. テーマは「SDGs」 関西福祉大学が3年ぶり大学祭 

  3. 妖怪のふるさと兵庫・福崎 車体に河童のガジロウ描いた観光EVレンタル開始

TOP