第6回加西能は5月4日 こども狂言塾生が稽古の成果を発表

新作狂言「根日女」を演じる加西市こども狂言塾の児童たち

「播磨国風土記」に記される根日女物語を題材に、ふるさとの新しい文化を継承しようと稽古に励んできた「加西市こども狂言塾」の塾生たちが出演する「第6回加西能」が5月4日、同市古坂の市民会館文化ホールで開催される。
こども狂言塾は、子どもたちの感性を養い人間性を高め、播磨の歴史や伝統文化に触れる機会を創出しようと2014年から始まった取り組み。オーディションで選ばれた播磨地域在住の小学3~5年の児童らが狂言師の野村萬斎さんやプロの能楽師の指導のもと1年にわたって稽古を積み、毎年初夏の公演でその集大成を披露している。演目の新作狂言「根日女」は、萬斎さんの演出による。

今年の公演も2部構成で、1部は15時から塾生による「根日女」、2部は16時半から萬斎さんや観世銕之丞さんらが演じる狂言「樋の酒(ひのさけ)」と能「三輪」。1部は全席自由で鑑賞無料、2部は全席指定で一般前売3500円(当日500円増)、高校生以下500円。問い合わせは℡0790・43・0160。

関連記事

おすすめ記事

ランキング

  1. 1

    金魚すくいで盛り上がろう! 姫路で選手権を初開催

  2. 2

    姫路東消防署を新築移転 アクリエ北で4年後に稼働

  3. 3

    作家の林真理子さん 兵庫県佐用町で講演会

新着記事

  1. 姫路文連の文化賞に郷土史家・難波さんと日本画家・山﨑さん

  2. フードドライブと空プラケース回収 姫信がSDGs活動

  3. 姉妹城のあるウェールズを応援しよう! アクリエひめじでW杯パブリックビューイング

TOP